ビデオで観るべき実話はこれ!! 映画 裏切りのサーカス

6月2日は本能寺の変 裏切りの日

1582(天正10)年年6月2日、で、織田信長が明智光秀に裏切られて攻められ、本能寺で自害しました。

 

 

イエズス会は、CIAエージェントだった

イエズス会は、宗教としてのキリスト教徒たちだけでなかった。 イエズス会は、ヨーロッパのユダヤ金融資本が世界に張り巡らすCIAネットワークの一つであった。本能寺での爆発事故

 


イエズス会の歴史


長崎と天草の教会を旅して ~教会のある集落とキリシタン史跡~

 

 

 

実話ベースという衝撃。 裏切りのサーカス (字幕版)

1回見ただけでは理解が難しい分かりづらいが役者の演技が素晴らしいスパイ映画
007のような華やかなスパイアクションとはまったく違う、諜報部員の苦渋の真実と怖さが描かれ、とても重みがありました。

 

スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作を映画化したスパイスリラー。1960年代のロンドン。ある作戦の失敗でイギリスの諜報機関サーカスを引責辞職したジョージ・スマイリーに、ある日特命が下される。それは、いまもサーカスに在籍する4人の最高幹部の中にいる裏切り者=2重スパイを探し出せというものだった。

 

 


裏切りのサーカス (字幕版)

ジョン・ル・カレ原作の映画作品

スパイ小説の大家にして、自らもイギリス秘密情報部に所属していた経歴を持つジョン・ル・カレ。1961年に小説家デビューを果たして以来、映像化作品も多く、とりわけ2000年代以降は映画化が相次いでいる。ル・カレが描く東西冷戦下のスパイの非情さと悲しみは、今の時代にも非常に説得力を持って訴えかけてくるものがある。

誰よりも狙われた男 われらが背きし者 テイラー・オブ・パナマ ロシア・ハウス [DVD]

裏切りをテーマにした映画

 

 

 


300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~(字幕版)

 

「シン・シティ」のクリエイター、フランク・ミラーによるグラフィック・ノベルを「ドーン・オブ・ザ・デッド」(04)のザック・スナイダー監督が映画化。

 

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、侵略を目論むペルシア帝国の王クセルクセスから使者が来訪し、水と土地を差しだし、服従の証を示せと要求。

 

レオニダスはこれを拒否し、たった300人の重装歩兵で100万のペルシア軍を迎え撃つことになる。

 


300<スリー ハンドレッド> (字幕版)

 

メカニック (字幕版)  

1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクション・スリラーを、ジェイソン・ステイサム主演でリメイク。いかなる殺しも事故に見せかけて遂行する凄腕の暗殺者ビショップ(ステイサム)の親友マッケンナが殺害される。

 

ビショップは親友の死を静観し、次の仕事にとりかかるが、マッケンナの息子スティーブが暗殺者として弟子入りを志願してくる。

 

監督は「トゥームレイダー (字幕版)」のサイモン・ウェスト

 

 

 

 

映画『メカニック:ワールドミッション』予告編 

 


メカニック:ワールドミッション(字幕版)

 

ジェイソン・ステイサム主演で、1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクションスリラーをリメイクした「メカニック」の続編。

 

鍛え上げられた肉体と頭脳を駆使し、精密機械のように暗殺任務を遂行することから「メカニック」と呼ばれる殺し屋ビショップをステイサムが再び演じ、トミー・リー・ジョーンズ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ヨーが共演した。

 

殺し屋稼業から足を洗い、平穏に暮らしていたビショップ。しかし、そんな彼の前に、幼い頃に共に暗殺者として育て上げられ、ビショップを裏切っていった兄弟子クレインが現れ、世界を裏で操るフィクサーでもある武器商人の暗殺を依頼してくる。

 

総合ランキング


 
TOPページ 10月の映画記事 映画記事一覧