9月28日 パソコン記念日

9月28日 パソコンと映画

 

1979(昭和54)年のこの日、日本電気(NEC)がパーソナルコンピュータPC-8000シリーズを発売し、パソコンブームの火附け役となった。

 

今から30年後には『死』という概念が消える。

スケジュールでは、2025年にロボットに人間の脳を転送することが可能に。 2035年にはアバターによる脳が作成、人格が注入。 2045年にはついに人類から死がなくなるという計画だ。詳細

 

攻殻機動隊 新劇場版 2015 

オリジナルストーリーで、主人公・草薙素子の過去と、彼女が率いる公安9課=通称:攻殻機動隊の誕生を描く。2029年3月、総理大臣暗殺事件という大事件が発生。

 

バトーやトグサら寄せ集めのメンバーと捜査を開始する素子だったが、彼らをパーツ(部品)呼ばわりする素子にメンバーは反発する。

 

それでも、事件の背後に義体開発の行く末を左右する技術的障害「デッドエンド」をめぐる政治的取引や、電脳ウィルス「ファイヤー・スターター」の存在があることを嗅ぎつける素子だったが、捜査の中でつかんだ手がかりが、やがて素子自身の出生の秘密にもつながっていく。

 

A. I. (字幕版)


「ヒューマノイド」型ロボットが、自らの意思を持って自由に謳歌している時代になっているというのだ。

 

ロボットといってももともと人間の脳をデータ化し移植したものであるから、ロボットというよりも「元人間」といったほうがよいのかもしれない。

 

 

 

"パソコンに興味があるなら、観ておきたい"コンピュータがテーマな映画

人間の意識をコンピュータにアップロード

■人間の頭脳をデータ化する 精神転送

サンフランシスコの発明家ランダル・コーン氏が、頭脳をデータ化してコンピュータにアップロードするシステムについて発表した。コンピュータに脳の複製を作ろうというのだ。実現すると、人間はバーチャル世界で暮らすことが可能になり、また、短時間で他の惑星まで行くことができるようになるという。

 

コーン氏によれば、カギとなるのは「SIM (Substrate-Independent Mind)」(回路基板上で独立した頭脳)という人間の「心(性格や記憶も含む)」をデータ化したものだ。

 

まさに『銀河鉄道999』の話のように、生身の人間が機械人間になる場合、すでに作られている機械の体に自分のSIM(心、性格、記憶)を送って、その機械の体が自分自身になるということになる。
仮想世界で永遠に生き続ける驚愕の計画が進行中!

JM (字幕版) 

ジョニーは通常のネットワークに晒すことのできない機密情報を記録して運ぶ不正取引人である。彼は脳に埋め込まれた記憶装置に、通常は80ギガバイト、ディスクダブラー(ファイル圧縮の常駐プログラム)を使用することで最大160ギガバイトの情報を運ぶことが出来る。

 

ある日、彼は装置の安全許容値を超える情報を運ぶことになる。それは彼にとって想像を超える金銭的価値のある機密情報であり、時間内に取り出さなければ彼の死を意味する事にもなる。そして期限内に情報を運ばなければならない彼は、情報の持ち主である企業の殺し屋に追われる身となるのだった。

 

JM (字幕版)

 

世界最古、2100年前のコンピューター『アンティキティラ島の機械』

 

アンティキティラ島の機械は、今から約2100年前(紀元前)に製作されたと考えられており、発見から1世紀以上も科学界の謎とされており、その秘密はたやすくは明らかにならなかった。

 

■内部構造

ギリシャの天文学者らにより進められた天文学と数学の理論に基づいて製作されたと言われているこの時計の縮小化と部品の複雑さには特筆すべきものがあり、18世紀の時計と比較しても遜色ない程である。30以上の歯車を持つ(マイケル・ライトの主張によれば72個)。

 

 

歯車の歯は正三角形である。クランク(現在は失われている)を回転させると機構が太陽、月やその他の天体の位置を計算する。機械の目的が地上にいる観測者を基準とした天球上での天体の位置計算であるため、必然的に天動説モデルを採用している。

 

5月25日は「ターミネーターの日」です。

『人工知能』が支配する近未来。 2045年問題。シンギュラリティ(技術的特異点) の危険性
SFアクション映画「ターミネーター」が30周年を迎えた昨年2015年に、日本初公開日であった1985年5月25日を記念して制定されました。「ターミネーター」主演のアーノルド・シュワルツェネッガー氏にも、記念日認定の知らせが届けられました。

Amazonプライムビデオで無料映画を見る。



プライム会員向けサービスには、音楽配信サービスや、写真データを無制限に保存できるクラウドサービスのプライム・フォトなどもあり、通販・読書・動画視聴・音楽鑑賞・写真などの趣味を網羅できるのが最大の魅力です。

Amazonプライム会員になるには、年に 3900円 (税込み)を払う必要があります。月にたった380円ほどで映画やTV番組が見放題になるだけでなく、様々な特典が受けられます。

Amazonプライムビデオを体験する。


Amazon Studentに登録する
日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に現在通っている学生で、学籍番号をお持ちの方は、会員登録ページからAmazon Studentにご登録いただけます。

Amazon Student有料会員限定の サービスを体験する。