7月29日 アマチュア無線の日

7月29日 アマチュア無線の日

 

戦前の無線電信法には、アマチュア無線について規定しておらず、私設無線電信無線電話規則第1条にある「私設無線電信電話ノ施設」の一種の運用にすぎなかった。 1941年(昭和16年)12月8日には太平洋戦争が開戦し禁止された。

 

オーロラの彼方へ  劇場公開日 2000年

無線を題材としたオススメ映画

ニューヨークでオーロラが見える日、30年前と無線がつながった。それは父が死ぬ前日。今なら未来を変えられる。父と子の時空を超えた絆を描くこの映画は、奇抜な設定で始まるストーリーが命。過去の父を事故から救おうとする息子、つなぐのは一台の古ぼけた無線機だけ。

 

ある日、ジョンはクローゼットの奥から父の形見の無線機を発見する。オーロラの輝く夜、ある男との交信に成功したジョンは、無線機の向こうで男が自分の子供に「リトル・チーフ」と呼びかけるのを聞き、愕然とする。ジョンが無線機で交信した男は、なんと30年前に死んだ父フランクだったのである。

 

 

 

タイムパラドックスを題材としたオススメ映画

 

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ 

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。

 

21歳の誕生日に、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父親から知らされたティムは、恋人を得るためタイムトラベルを繰り返すようになり、やがて魅力的な女性メアリーと出会う。

 

しかし、タイムトラベルが引き起こした不運によって、その出会いがなかったことになってしまい、再び時間をやり直したティムはなんとか彼女の愛を勝ち取るが。

 

 

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (字幕版)  2014年

 

 

デジャヴ (吹替版)  2007年 

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマー製作によるサスペンス・アクション。

 

フェリー爆破事件の捜査を開始したダグは、現場で遺体となって発見された女性・クレアの顔に奇妙な見覚えを感じる。

 

彼は、政府が極秘で開発した“4日と6時間前”の映像を見ることのできる装置でクレアの過去を調べ始めるが。

 

オスカー俳優デンゼル・ワシントンが主人公の捜査官ダグを熱演。

 

 

デジャヴ (吹替版)  2007年 

 

懐かしの映画と音楽  ♬煙が目にしみる

オールウェイズ (字幕版)  

仕事中に死んだ森林火災消火隊員が、なおも恋人を見守り続ける姿を描くファンタジー・ドラマ。

 

43年製作の「ジョーと呼ばれた男」(日本未公開)のリメイク版で、製作・監督は「太陽の帝国」のスティーヴン・スピルバーグ。

 

無茶な飛行でいつも周囲をはらはらさせている森林火災の消火隊員ピート(リチャード・ドレイファス)を恋人に持つドリンダ(ポリー・ハンター)は、誕生日にピートからドレスとハイヒールをプレゼントされた夜、消火飛行のパイロットになりたい、と言い出した。許さないピートに彼女は、友人のアル(ジョン・グッドマン)から聞かされていたパイロット養成学校の教官になるよう頼む。

 

オードリー・ヘプバーンが最後に出演した遺作映画でもある。

総合ランキング


 
TOPページ 10月の映画記事 映画記事一覧